4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局の代わりに為替の介入

.

.


外国為替平衡操作(為替介入)という言葉を聞いた事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞、雑誌記事、TV、ネットの情報で見かけた人もたくさんいると思います。

元より為替介入というものは日本の場合、大臣(財務大臣)為替相場の安定性を実現できるように施行する手段として位置づけられています。

簡単に言えば、極端な円高や円安の時に財務大臣の命令により中央銀行(日本銀行)日本円を売り買いして為替の相場の安定を狙うことを言います。

為替介入(外国為替市場介入)には種類があるのです。

1.単独介入・・・政府機関もしくは日本銀行が、東京での市場で積極的に市場に加わり為替介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が話し合ったうえで、それぞれの通貨当局の資産を使って一斉にまたは随時外国為替市場介入(為替介入)を実行する。

3.委託介入・・・異国の銀行などへ介入を託す。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局の代わりに為替の介入を遂行する。

以上のようなやり方です。

いずれの種類の為替の介入も一時期、もしくは引き続き為替市場に大きな影響力を与えるでしょう。

為替介入の資金は自国の権威をかけているのですから桁外れです。

円を元にして考えると、普通は数銭ごとに変動するレートが唐突に数円ごとの変動をするのです。

個人投資家の人なら今までに体験していると思うのですがそれまでは順調に利益(もしくは損失)を増やしていた保有高を維持していたところで、保持している持ち高が決済したとの情報が外為の会社からEメールが届き。

どの程度得になったのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済された状況を確認すると見込んでいた結果とはまったく反対の状態になってしまい目を丸くした例があったのです。

外国為替市場介入(為替介入)が実施された際によくある話です。

このように為替の介入が行なわれると、市場のトレンドと真逆の変化をすることがわかりました。

なおかつ変化する金額の大きさはかなりでかく変化しますので気をつけましょう。