判別できるデータがたくさん記載されているのです

.

.


受け取ったレシートの所持義務はないのか??解答からまず申し上げると保有する必要は特にないと思います。

保持することによって自分が中身を保管したいと考える場合は捨てなければいいのだろうし、逆にそういうものいらないと考える場合には残す必要性はないと言えます。

但し月々送られてくる利用履歴との照合作業の時においては間違えなく明細レシートは不可欠となります。

レシートをそれまでは少なくともキープしておかないとどこで何月何日いくらくらい使ったかがわからなくなるだけではなく、誤植・重複に関しての確認もできないため危険。

特にクレカを決済した内容についてはレシートを保存していないと記憶しておくことはできないはずです。

短くても利用明細書類が届く1ヶ月から2ヶ月前後は、明細を所持するようにするべきである。

利用レシート破棄手段)クレジットカードのレシート処分の手段は超簡単です。

他の人に不正使用されないよう、できるだけバラバラに裁断して捨てるだけで良いのである。

簡単な裁断機が自宅にあるならば念のため使うのが良いでしょう。

なにせクレジットの使用履歴を証明している利用レシートのためクレカNoなど、個人情報を判別できるデータがたくさん記載されているのです。

ただの明細レシートとは考えず、破棄は注意して行なったほうがよいでしょう。

近頃は犯罪防止の意味で明細レシートにクレジットナンバーといった個人情報が表記されないケースも出てはいるが信じ過ぎることは禁物です。