印鑑を用意して

.

.


車を手放す場合、自動車の下取りのさいも印鑑証明という書類が必要です。

この印鑑証明というものについて解説しましょう。

印鑑証明書とは、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを保証するための書類です。

この印鑑証明がなければ、その印鑑について実印として効力を持つということが証明できません。

大きなお金が動く商談になる車両の売買なので、実印が必要ですがそれと一緒に印鑑証明というものが必要となるのです。

この印鑑証明をつくるためには、印鑑証明の手続きをすることが必要です。

印鑑証明に登録するはんこは普通、実印と呼ばれていて、唯一無二のはんこであることが必須です。

印鑑を用意して、自分が住む市役所などの案内係へいけば、すぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードというものがもらえて登録したハンコは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには、役場の案内係へ出向き印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを出すだけです。

さらに自動交付機でも印鑑証明の書類を発行する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はありません。

ですのでいつの印鑑証明であろうがその効力は持続するということです。

しかしクルマ買取の時は必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。

ほとんどのケースで期限を定める必要はありませんが自動車買い取りの時は業者側が期限を定めていますので、仮に車の買い取りを考えているとしたら手放す前に準備しておくことが望ましいです。