クレカが盗まれて乱用されるような状況でも

.

.


クレジットカードのひと月の限度額があなたが通常利用する金額よりゆるめにしていると心配ないと勘違いし必要以上にクレジットカードを使ってしまったりするものですね。

こうしたカードでの買い物のしすぎを抑えておくようにするため使用できる最高額を事前に減らし気味に申し込んでおこう・・・という提案がこれから申し上げる文のメインとなる考え方です。

限度額を減らす方法…使用カードの利用限度額をコントロールする手順は、月ごとの限度額を増やす手順と等しく、非常に便利です。

手元のカードの裏面にプリントされているコールセンターにダイヤルして「利用限度額を減らしていただけませんか」というふうにエージェントへ指示するだけです。

現状の月ごとの限度額に比べ少ない上限であれば、込み入った審査なしで限度額のコントロールが終わります。

月の限度額を少なくするのは被害に遭わないようにすることへと結びつく◆限度額を引き下げておくことは自己抑制というメリットはもちろん被害に遭わないようにすることにも影響します。

もし、クレカが盗まれて乱用されるような状況でも、事前にクレカの月ごとの限度額を厳しくコントロールしていれば危険を最小限にとどめることが可能なためです。

安心して欲しいのは想定外にも偽造されることになったような場合でもクレジットカードの所有者に重大な過失と思えるものがなければ盗難保険という名前の保険が加入者を助けてくれるわけなので不安を感じることはないけれどもし被害に遭った時のことを念頭に置いて多めの限度額はセーブしておくと効果があるでしょう。

使い切らない金額は良くないことと言えます。