車での事故は自分だけで起こした事故と他者

.

.


車での事故は自分だけで起こした事故と他者を巻き込む自動車の事故が存在します。

己だけの事故の状況では自分自身が処理が済めば完了となりますが他者が巻き添えになった交通事故はお互いにどの程度不注意が存在するのかを確認してその結果によって故障した車の修復のお金が示談金の額等が決められるので、自動車の保険会社の担当の人を交えながらの交渉が欠かせません。

大多数の事故のケースで、自分だけでなく相手にもなんらかの損失があるケースが普通で片方の過失を問うというケースはほとんどないようです。

当然ながら信号が赤でも進んでしまったり一時停止でもそのまま進んだなどはかなり大きな間違いになりますが被害を受けた人であっても注意不足が指摘されます。

自動車事故の場面ではどの運転手の落ち度で発生したのかという決着がかなりポイントになってくるのでこの結果を誰にも分かりやすく表現したものが《過失割合》というものです。

先ほど登場した信号を無視してしまったり一時停止を無視した条件ならば道路交通法の規則上相手の人が100%落ち度があるように思えますがその自動車が対面から来ていて正面を見て確かめられる場合では自動車事故の被害者でも注意不足があるとして10%ぐらいの落ち度が指摘される事もあります。

よってその状況では事故を起こした側が9割、事故に巻き込まれた側が1割過失となって数字が大きいとそれに応じた責任が問われるのです。

そして自動車での事故の過失割合は昔の判例を元に決定する時が多く日弁連交通事故相談センターから発表されている基準となるものがベースとして利用されています。

この過失の数値が大きいほど手違い結果として賠償しなければいけない額も大きくなると考えられるので、事故に関する交渉は事故当事者だけでなく自動車の保険の係りの人を加えてきっちりと話すことが必要です。