5万円でも20万円でも必要な分だけ利用ができます

.

.


ローンキャッシングした時、返済自体をする時には利子を上乗せした返済になるのは知っているはずです。

キャッシング会社は利益を目的とした会社なのですから必然です。

とは言っても返済する方は、ちょっとでも少なく返金したいと思うのが心中でしょう。

利息制限法が適用される一昔前は、年30%近い利子返済していましたが、設けられてからは高額でも18%位と随分低く決められているので、とっても良くなった気がします。

現在の融資の利子の範囲は4%位から18%位の幅に決められていて、利用限度額により決められます。

利用限度額は申込み本人の信用度によって決定します。

総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういった職についているのか?カードローンの利用状況はどうなのか?あれこれ見られ与信額としてキャッシングの内容が決められます。

カードキャッシングの場合使用可能額が10万円〜800万円(各社で内容は一様ではありません)と広い幅があります。

こうしてその枠の中で決まった利用できる金額により利子も決まるのです。

50万円なら年18%、300万円なら12%、800万円なら年率4%といった数値になるはずです。

結局、信用が良ければ、与信額も上がり、利率も低くなります。

この事実に疑念を覚えるのは僕だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、これらの事実は当然なのでしょうが、年の収入の多い人がキャッシングローンの必要があると考えずらいですし、万が一借りたとしても利息がどうであるとお金の返済に困る事はないです。

反って収入の少ない人は直ちにお金が必要だからキャッシングするという人が大半です。

利子が悪いと返済に困ることになります。

なので使用可能枠の低い人にこそ低利息で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

これは活用するサイド側としての意見です。

この事を踏まえて、金利を良くする為にはどうすれば良いのか漠然と理解したのではないでしょうか。

現実、このようにして申し込む人がほとんどなので知らせますと、カードローンの申し込みをする時、一年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申込みを行うのです。

年収600万円なら200万円。

そのカード審査で全金額通ればそれだけ金利が低いキャッシングできるカードを手に入れることができるのです。

と言って全額使用しなければならないというわけではありません。

5万円でも20万円でも必要な分だけ利用ができます。

さらに利用限度可能枠が300万円で最低利率7%位のローン業者も存在しますので、そちらを申請すればその会社の最低利息で利用できるようになるはずです。

どう思いましたか?アプローチを変えるだけで低利息のキャッシングできるカードを持参することが出来るのです。

自身の年収とカード業者の設定を照らし合わせて、調べる事に時間を費やせば、より有利な契約で借りれるのですから、しっかり調べるようにしてください。