5万円でも30万円でも必要な分だけの使用可能です

.

.


キャッシングした場合、返済自体をする時には利息を乗せた払いになるのは誰もが知っていると思います。

キャッシング会社は収益を目的とした企業なのですから当たり前です。

しかしお金を支払う方は、ちょっとでも少なく返金したいと思うのが本音でしょう。

利息制限法が設けられる一世代前は、年率30%近い利子を支払わされてましたが、施行後は高くても年18%位と随分低く設けられているので、とってもリーズナブルになったと思います。

今のローンの利率の幅は4%位から18%位の範囲に決められていて、利用限度額により決められます。

使用可能額は申込者の与信によって決定されます。

総量制限により収入の1/3までと決められていますので、収入がどの程度なのか?どういった仕事をしているのか?カードの利用状態はどうなのか?等が調査され与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まります。

カードキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各社で利用可能額は異なります)と広い幅があります。

こうしてその幅の中で定めた使用可能金額により金利も決まるのです。

50万円なら18%、300万円なら12%、800万円なら4%といった数値になるはずです。

いわば、信用度が高評価であれば、貸付可能金額も上がり、利子も低くなるというわけです。

この事実に疑問を覚えるのは自分だけでしょうか?余談となりますが、銀行又は金融機関にとって、それらは問題がない事なのでしょうが、年の収入の多い人がお金の借入れが不可欠と考えずらいですし、万一お金を借りたケースでも利子が高かろうが低かろうが、お金の支払いに苦労する事はないでしょう。

反って年の収入の低い人はすぐさま必要だから借り入れを行う人がほとんどです。

利子が悪いと支払いに困るはずです。

ですから借り入れ可能枠の少ない人にこそ低金利で使えるようにする必要があるのではないでしょうか。

これは活用する視点からの意見です。

これらを考慮すると、金利を少なくする為にはどうするべきかおぼろげながら理解したはずです。

現にこれから書く方法で、申請する人がたくさんいるので紹介しますと、キャッシングの手続きをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

申し込み、審査で申し込んだ満額通ればその分だけ金利が低いキャッシングできるカードを手にすることができると思います。

であっても上限ギリギリまで使用しなければならないわけではありません。

5万円でも30万円でも必要な分だけの使用可能です。

そのうえ最高利用可能額が300万円で最低金利年間7%位のローン会社も有りますので、その会社に手続きを申し込めばその金融会社の最低利息で使用できるようになります。

どう感じましたか?アプローチを変えるだけで低利率のキャッシングカードを手にすることが出来るのです。

自らの年収と金融業者の金利を比べて、調査に時間を費やせば、より満足できる状況で借りれるのですから、きちんと確認するようにしましょう。