NICOSなどののギフト券♪

.

.


間接的クレジットカードの仕方は簡単です。

クレジットカードにおいてダイレクトに購入できない品物を直で買い込むという手法ではなく、商品券を経由して買い付けする方がより良いです。

表現が明快なので、まずは金券のたとえを採用して解説してみたいと思っています。

個人が価値のあるバックを使いたいと迷って立っています。

手に入れたい価値のある財布を扱っているショップではクレジットで払う事が許されていません。

しかしながらJCB、MasterCard、NICOSなどのギフト券を利用すれば購入を認めてくれるようなのです。

ですのでモデルになる個人はクレジットで商品カードを発注してショップに訪ねクレジットを活用してJCB、Diners clubなどのギフトカードを取り寄せします。

そうして駆使したカードを使用して購入したVISA、Diners clubなどのギフト券を売店に所持していき使いたかったブランドバックを注文したとします。

「一体どうして人物はそういった手間がかかることしなければいけないの?」と思われるのかもしれませんが、実のところ解説した技法を使用することで実際ではもらえる事がなかったカードポイントが得られます。

普段通り、金を支払う事でブランド財布を取り寄せしたりした場合であってもカードポイントは獲得できませんし、American Express、NICOSなどののギフト券を直接お金で発注した後活用してもポイントは獲得できません。

一方解説した例の時はVISA、MasterCard、Diners clubなどの商品券をクレジットカードで買い付けしたという理由で、一流のバックを注文したケースとつりあうような量だけクレジットカードポイントがつく事になるのです。

こういう例が直接商品を買わずにカードを活用した状態になっているという根拠で間接クレジットカードと呼ばれる方法です。