最近の市場が理解できない時です

.

.


現実にパソコンの画面の前に座って、止まることなく上がったり下がったりしている相場を見ていると、何やらエントリーをするという欲求に影響される方も多いと思います。

しかし、あやふやな思いで取引することは、絶対にしてはいけません。

ご存知の通り、マーケットは1日中どこかの国の為替相場はやっているしレートもいつでも、上がったり下がったりします。

しかし、エントリーを積んでいくとそれだけでマイナスになる確率が高くなります。

言うまでもなく、売り買いの回数を積み重ねる事で、トータルで利益を上げられる確率か半々になるのは事実です。

しかしその事実は「漠然とした直感で取引」することとは別の話です。

注文回数を増やすという意味は自ら「ここがチャンス」と考えるチャンスを持った場面での売り買いの回数を積み重ねるという事を意味します。

ただ、次々と売買を経験するのとは全く違います。

マーケットの駆け引きにi挑むには、意識してけじめをつけることこそが重要です。

「ここは!」と思えた相場の時には、いっそポジションを多くして意識して儲けを追求する。

「だいぶ分かりにくい市場でどう上げ下げするのか理解できないな」と思ったならば、いっそのことポジションを諦めて放置します。

それくらいのリズムをつけた方が注文はうまくいくものだ。

相場の名言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりだと感じます。

FXとは、いつでもポジションを保持する事が全部ではなく何も所有せずじっと見ていることもまた、取引です。

それならば、どのタイミングで、休むといいのでしょうか。

最初に考えられるのが、先述の通り、最近の市場が理解できない時です。

今から円高になるのか、それとも円安になるのかが決断できない時は考え無しで行動すると、あなたの作り上げたストーリーとは逆方向に外国為替相場が変動してしまい損してしまいます。

だから、そういった場合はポジションを無くして、そのまま何もしないで静観を決め込むのが最良の選択です。

次に、あなたの健康状態がよくない時です。

コンディションとマーケットに関係がない考える方もいるだろうが。

現実にはかなり関係があります。

健康状態が変な時は、市場の決断しなければいけない場面で必要な決断ができません。

関心がわかない時はトレードから離れる事も重要な事です。