それから自動交付機で印鑑証明の書類

.

.


クルマを売るときや、さらに買取の時も印鑑証明という書類が必要になってきます。

この印鑑証明というものに関して解説していきます。

印鑑証明という書類は、その印鑑が実印として効力を持つということを証明するための公式な書類です。

これがない場合には使っている印鑑が実印として認められているという事実がわかりません。

高額な売買になる車両の売買ですのでどうしても実印が必要になりますがそれと同時に印鑑証明が要るのです。

印鑑証明という書類をつくるためには、まず印鑑証明の手続きをする必要があります。

書類に登録する印は普通、実印といい、唯一無二のはんこでなくてはなりません。

印鑑を持って、役場の受付に行けば、印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードを発行してもらえて、そのはんこは実印として認められたということになります。

印鑑証明書を発行してもらうためには市役所などの受付へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを提示するだけです。

それから自動交付機で印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはありません。

ですからいつ取得した印鑑証明だとしても効力は続くのです。

しかし、自動車売却時には効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

通常は有効期限などはないのですが、自動車の買い取り時には買い取り先の業者が有効期限を定めていますので、中古車の買取予定の車があるとしたら売却前に準備しておくことが望ましいです。