読めると為替相場の変動

.

.


外国為替市場としてのFXを、解説してみましょう。

FXとは、通貨を取引することで二国の通貨の差益をもらうとの仕組みとなります。

こうした二つの通貨の中で生み出される差額をスワップ金利と呼ぶのです。

こうしたスワップ金利ですが正確にはスワップポイントと呼ぶようです。

FXのスワップポイント(スワップ金利)というのは、一日で獲得する事ができますが、日々のレートの変化によって異なるのだそうです。

こうした外国為替証拠金取引のスワップポイントで儲けることがねらいで、FXのトレードを行っている方もたくさんいるようです。

スワップポイントは取引業者それぞれで違う点があるので可能な限り高い取引業者でやり取りしたいと思います。

けれども、スワップ金利は為替の相場が動くことで一緒に動いてしまうので用心してください。

加えて、為替の取引を行うにあたり図を読む事が必須となっています。

この図を読めると為替相場の変動をつかむ事が出来るようになるのです。

為替取引初心者の人が見たとしたら、何のチャート?などと疑問に思えてしまうかと思いますが重点を抑えていることでチャートの理解が出来るそうです。

この時期から円が上昇する又は下降しているという感じで一番円安になるとこのグラフを読める事で判別する事が出来るようになり、為替の取引を行うには非常に便利なネタとなるのです。

上記のチャートは日本では普通ローソク足(陰陽足)を使っていて名前のままローソクの形をした図表で表示されています。

そのようなローソク足(陰陽足)によって、高値・安値、かつ終値か始値などを示していてグラフの上でいろんな形状になって行くのです。