自賠責保険の場合は

.

.


一般的に任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは違って自賠責保険では補いきれない部分の補償を受ける重要性の高いより充実した保険です。

これは任意の保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで働きますので自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を上回った場合に働きます。

それに、自賠責保険では物的損害に関しては保証されていないので、物に対する損害をカバーする際にはさらに任意保険にも加入することをお勧めします。

もう任意保険を払っているクルマを手放す時は、国内メーカーの自動車や海外の車などことは関係なく、残金が還付されます。

これは国産メーカーの自動車を査定に出す場合でも例外ではありません。

自賠責保険の場合は、通常かけたままにしておくのが常識ですが任意保険というものは全ての人が入るものではありませんから解約をすることになります。

また任意保険を契約解除後は、払っている返戻金が返還されるということになります。

車の売却が成立したとしてもすぐさま加入している任意保険を解約するという選択肢はリスクが高いです。

当然すぐに契約解除するとそれだけ還付される額は増加しますがもし中古車店が遠くにあるため、自ら運んで行くようなケースでは保険なしで自動車の運転をすることになります。

万が一のことを想定して絶対今後自動車の運転をすることはない状況になる時まで契約のキャンセルはされないようにしましょう。

自動車を買い取ってもらって、すぐさま他の車種に買い換える場合だったら問題ないのですがしばらく車に乗らないような状況が継続して任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に入っていない時があると過去に続いていた任意保険の等級が下がり保険料の金額が上がってしまいます。

こういったケースでは「中断証明書」という書類を発行してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」があれば最長で10年は中断前の保険の等級を引き継いで加入することが可能です。

これは、13ヶ月以内でしたら発行してもらうことが可能ですので、もしも既に中古車を売られていて、「中断証明書」というものを提示してもらっていないケースでは、その保険会社や代理店にその旨をお伝えください。

自分が新たに自動車を買うことになって、買ったのちに前に持っていたクルマを引き取りしてもらうのでしたら任意保険の契約はどちらか一方のみの契約になります。

保険の変更になりますから、乗る必要がある自動車ならば売却までにはこのことを頭に入れておかなければなりません。

さらに任意保険という保険は車両によって保険料が違ってきますから中古車買い取りの時は任意保険を見直してみる良いタイミングでもあります。