自動車損害保険の会社も料金値上げの傾向

.

.


近年、概してどの自動車損害保険の会社も料金値上げの傾向です。

保険が値段のつり上げをしてしまうことになるとじかに私たちの生計に大きく影響を与えてしまいます。

さて、一体なぜ運転者を守る保険が値段釣り上げをされるという事態になっているのでしょうか?その理由として思い当たることは、大雑把に2項目あるので、ご紹介します。

第一に老齢の乗用車所持者が段々と数を増やしているからです。

車両を保持しているのがごく当然の世の中になってしまった故、高齢者の自動車運転者も増加しているのです。

しかも日本は高齢化社会に移行しつつあるという時勢があるせいで、これ以降更にお年寄りのドライバーが割合的に増えていく時勢なのは間違いありません。

高齢者の場合、通常は保険の掛金が手ごろに売られているため、自動車損害保険会社にとっては、さほど積極的に勧誘する理由がないと言えるのです。

なぜなら、保険料が安いのにトラブルを起こされたときに採算の合わない額の補償費を払わないとならないという事情があるからです。

とすると、損をするリスクが大変に上がるので、自動車保険会社は保険の料金を上げるしかないのです。

そして、2個目の理由に挙げられるのは若い年代のクルマに対する淡白な態度にあります。

老年期の乗用車持ちは増えつつありますがそれとは反対に若い年代はクルマに執着しなくなりつつあるのが現状です。

バックグラウンドには何があるかと言うとバスなどの交通インフラの拡充と彼らの経済事情に関わる問題なのです。

安定的な職業に就くことが困難な若い年代が数多くいることから自家用車を入手するなど考えられないという人も珍しくありません。

その上、一昔前の常識であれば、クルマを保有している事がサラリーマンの嗜みだと考えられていましたが、今はそれがステータスなどとは言いにくくなってきたと考えられます。

故に掛け金がお年寄りに比べてコスト的に割高な若年世代の契約が年々数を減らしていると考えられます。

このような様々なことが原因となって、保険会社も値上げに及んでいると考察できます。